menu
最新在庫情報はこちら

SUPER GT 2013

2013年 SUPER GT300 第1戦 岡山国際サーキット レースレポート

横溝選手TAISANポルシェ911

4月7日午後2時、2013 SUPER GT 開幕戦が岡山国際サーキットで行なわれた。

横溝選手 今シーズンのヘルメットピット

スタート時点での気温は13度、路面温度23度。冷たい風が吹くドライコンディションの中、開幕戦の決勝がスタート。 我らが昨年GT300クラスの王者「エンドレスTAISANポルシェ」は、今季『Team TAISAN 剣 ENDLESS』に名をあらため、連覇目指して予選5位からの出陣となった。

TAISANポルシェ峰尾選手と横溝選手

TAISAN

決勝でも好走が期待されたポールポジション、No.61 SUBARU BRZ R&D SPORTだったが、ドライコンディションの中ライバル車両には太刀打ちできず、徐々に後退。代わってトップに経ったのは2番手スタートのNo.3 S Road NDDP GT-Rだった。今季日産に復帰した星野一樹がそのリードを広げようとするが、今年からメルセデスSLSに変更したNo.11 GAINER DIXCELのビルドハイムがピッタリと背後につく。1秒以内に縮められたGT-Rは、11周目で抜かれてトップから後退。変わってトップに躍り出たSLSは、その後2位以下に15秒近い大差を築いて、独走状態に。



このまま順調に進むかと思われたSLS、レース中盤のドライバー交代の際に、マシントラブルでピットインした同じチームのNo.10 GAINER Rn-SPORTS SLSとタイミングが重なり、タイムロス。しかし、それまでの大量リードが功を奏し、トップで復帰した。その後も順調に周回を重ね、最終的に2位に上ったGSR初音ミクBMWに11秒のリードを築いてフィニッシュした。

TAISANポルシェ峰尾選手と横溝選手

一方、我らがNo.0 Team TAISAN 剣 ENDLESSは、レース中にトラブルが発生。マシンをかばいながらの苦しいレースとなった上に、レース後半の峰尾選手が走行中に他車に追突されてしまい、コース復帰に1分のロスが発生。10位フィニッシュで、何とかポイント1点獲得した。

TAISANポルシェ

お問い合わせ

株式会社 マリオット・マーキーズ
〒130-0025 東京都墨田区千歳2-4-12

ページトップへ

トップページ お車の購入 ディーラー車 新車情報 BOSCH ディーラー 認定中古車 情報 キャンペーン 希望車種オーダー
ご納車までの流れ お支払い方法 全国納車 輸入車購入のポイント お車の売却 もっと高く売るには(委託販売)
お車のメンテナンス ボッシュカーサービス 7つの安心 ドレスアップ English マーキーズについて(会社概要)
購入相談 売却相談 修理相談 その他相談 輸入代行お問い合わせ
アクセス方法 採用情報 サイトマップ プライバシーポリシー
Original Update byAxion23 Original Update by Ben Original Update by Falcon Photography Original Update by Alexander Nie
Original Update by Kurt Bauschardt Original Update by Mr. Littlehand Original Update by photo by JΛCK VIΞW