menu
最新在庫情報はこちら

SUPER GT 2013

2013年 SUPER GT300 第2戦 富士スピードウェイ レースレポート

毎年5月3日(祝)に決勝レースが行われている、富士スピードウェイ戦。今年は4月29日に行われた。決勝日当日、気温は19度、路面温度29度。天候に恵まれ快晴、コースはドライコンディション。例年たくさんの観客が訪れており、今年は発表によると48,500人の観衆の中、第2ラウンド決勝戦が開催された。

毎年5月3日(祝)に決勝レースが行われている、富士スピードウェイ戦。今年は4月29日に行われた。決勝日当日、気温は19度、路面温度29度。天候に恵まれ快晴、コースはドライコンディション。例年たくさんの観客が訪れており、今年は発表によると48,500人の観衆の中、第2ラウンド決勝戦が開催された。


天候とはうってかわり、レースはフォーメーションラップで波乱。予選3位のNo.55 ARTA CR-Z GTがスピン。一方、スタートがキマッたのは、No.16 MUGEN CR-Z GT。まずまずのスタートを切っていた予選1位からのポールポジション、No.61 SUBARU BRZ R&D SPORTを1コーナーまでに抜いてトップへ。2台のマシンの攻防が楽しみとなりそうなところ、No.61 BRZが早くも2周目でスローダウン。駆動系トラブルにより、そのままピットでリタイアとなってしまう。




トップのNo.16 CR-Zはそのまま快調に走り続け、後続との差を毎周1秒ずつ広げていく。これを追うのは、ポルシェとランボルギーニ、GT-R。しかし、No.3 S Road NDDP GT-R NISSAN GT-R NISMO GT3とNo.33 HANKOOK PORSCHE PORSCHE 911 GT3 Rがタイヤトラブルにより大きくポジションを落とす。 最初のピットストップを終えた35周目には、No.16 CR-Zは2位のNo.31 Panasonic apr PRIUS GT TOYOTA PRIUSに30秒程の差を付けていた。




セカンドドライバーに代わった中盤も、2台の差は変わらず40秒前後。No.31 PRIUS GTパドック内には「今回は2位でやむなし」のムードが漂っていた…。そんな94周目、トップを走っていたNo.16 CR-Zが突然ピットイン。フロントタイヤのバイブレーションを抱えていたようで、ここで2本タイヤ交換を行う。その作業の間にNo.31 PRIUS GTはストレートを駆け抜けていく。No.16 CR-Zがコースに戻ったときには、16秒差にも広がっていた。



結局、No.31 PRIUS GTこのまま8周を逃げ切り、フィニッシュ! 2位は、No.16 CR-Z。 3位は、激戦を戦いぬいたクリスタルクロコ ランボルギーニ GT3 GALLARDO GT3が表彰台を勝ち取った。ちなみに、3位争いでも、中盤、No.4 GSR初音ミクBMWとNo.88 マネパ ランボルギーニGT3のタイヤトラブルがあり、激戦から脱落した。

優勝したNo.31 Panasonic apr PRIUS GT TOYOTA PRIUSは、SUPER GTにおいて、初のハイブリッド車両による優勝を納めた。

我らがNo.0 ENDLESS TAISAN PORSCHE PORSCHE 911 GT3 Rは、トラブルに見舞われ、9周目でリタイア。ようやくマシンの調子も良くなり、優勝も目指せる状況だっただけに、残念な結果となった。ただ、横溝選手からは「マシンセッティングも仕上がってきましたので、次のマレーシアグランプリで優勝を目指して頑張ります。」との力強いコメントが届いたので、Rd.3マレーシア戦(6月22・23日))では、好順位を期待したい!






お問い合わせ

株式会社 マリオット・マーキーズ
〒130-0025 東京都墨田区千歳2-4-12

ページトップへ

トップページ お車の購入 ディーラー車 新車情報 BOSCH ディーラー 認定中古車 情報 キャンペーン 希望車種オーダー
ご納車までの流れ お支払い方法 全国納車 輸入車購入のポイント お車の売却 もっと高く売るには(委託販売)
お車のメンテナンス ボッシュカーサービス 7つの安心 ドレスアップ English マーキーズについて(会社概要)
購入相談 売却相談 修理相談 その他相談 輸入代行お問い合わせ
アクセス方法 採用情報 サイトマップ プライバシーポリシー
Original Update byAxion23 Original Update by Ben Original Update by Falcon Photography Original Update by Alexander Nie
Original Update by Kurt Bauschardt Original Update by Mr. Littlehand Original Update by photo by JΛCK VIΞW