menu
最新在庫情報はこちら

SUPER GT 2013

2013年 SUPER GT300 第3戦 セパン・インターナショナル・サーキット レースレポート

2013 AUTOBACS SUPER GT第3戦「SUPER GT INTERNATIONAL SERIES MALAYSIA」は、シリーズ唯一の海外ラウンド、マレーシア・クアラルンプール郊外の、セパン・インターナショナル・サーキットで行われた。

このサーキットはマレーシアを代表する国際サーキット。SUPER GTシリーズ戦では2002年から開催されており、10年以上の歴史を持つ。マレーシア・モータースポーツファンにとってもお馴染みのサーキット。

地理的に赤道に非常に近く高温多湿、また熱帯雨林気候のためスコールも多いため、車両やタイヤへの負担も大きく、ドライバーにとっても毎年過酷なレースが繰り広げらている。しかし、低速から高速まで様々なコーナーが組み合わされているこのサーキットは実にチャレンジングであり、ドライバーからの評価も高い。

そんなセパンサーキットでの熱い戦いが期待される、第2戦(富士スピードウェイ)から約1ヶ月半ぶりのシリーズ第3戦。

決勝レース直前の16時時点、セパンの上空は薄く雲が掛かり、気温33度、路面温度は42度、とマレーシアにしては過ごしやすいコンディションで、67,000人の大観衆が見守る中54周の決勝レースが始まった。

GT300クラスの決勝スタートでは、ポールポジションのNo.55 ARTA CR-Z GTと、予選2位のNo.16 MUGEN CR-Z GTが、接近戦を展開。7周を過ぎたあたりで、No.55 ARTA CR-Z GTはNo.16 MUGEN CR-Z GTに2秒ほどの差を付けた。



一方、予選4位で昨年のチャンピオン、我らがNo.0 ENDLESS TAISAN PORSCHEはスタートで5番手にポジションダウン。代わって3番手を争うのは、No.88 マネパ ランボルギーニGT3とNo.61 SUBARU BRZ R&D SPORTがハードな3番手争いを繰り広げる。しかし、3番手集団が戦いを展開しているうちに、トップのCR-Z2台からは6秒近い差を付けられてしまう。



レースが動いたのは各マシンのピットインが始まってから。23周目、まずは2番手のNo.16 MUGEN CR-Z GTがピットイン。リヤタイヤ交換のみにとどめ、作業時間30秒弱というGT500クラスなみの速さで、コースへ戻った。24周目ではトップのNo.55 ARTA CR-Z GTがピットイン。こちらもリア交換のみで対抗したがNo.16より作業時間が8秒かかり、コースに出た時には、No.16 MUGEN CR-Z GTがすでに先方を走行。No.55 ARTA CR-Z GTは2番手に落ちてしまう、その差は一時4秒程にもなった。しかし、No.55 ARTA CR-Z GTは周回数を追うこどに徐々にその差を詰め、37周目にテール・トゥ・ノーズのバトルに!そして41周目の1コーナーで、トップを走っていたNo.16 MUGEN CR-Z GTをとうとうパスし、とうとうNo.55 ARTA CR-Z GTは再びトップに返り咲いた。結局そのまま逃げ切り、CR-Z初のSUPER GT優勝を掴み取った。


我らがNo.0 ENDLESS TAISAN PORSCHEは、決勝11位という悔しい結果となった。

お問い合わせ

株式会社 マリオット・マーキーズ
〒130-0025 東京都墨田区千歳2-4-12

ページトップへ

トップページ お車の購入 ディーラー車 新車情報 BOSCH ディーラー 認定中古車 情報 キャンペーン 希望車種オーダー
ご納車までの流れ お支払い方法 全国納車 輸入車購入のポイント お車の売却 もっと高く売るには(委託販売)
お車のメンテナンス ボッシュカーサービス 7つの安心 ドレスアップ English マーキーズについて(会社概要)
購入相談 売却相談 修理相談 その他相談 輸入代行お問い合わせ
アクセス方法 採用情報 サイトマップ プライバシーポリシー
Original Update byAxion23 Original Update by Ben Original Update by Falcon Photography Original Update by Alexander Nie
Original Update by Kurt Bauschardt Original Update by Mr. Littlehand Original Update by photo by JΛCK VIΞW