menu
最新在庫情報はこちら

SUPER GT 2013

2013年 SUPER GT300 第5戦 鈴鹿サーキット レースレポート

前回苦しみながらも3位表彰台を獲得した ENDLESS TAISAN PORSCHE。ここでも上位入賞を果たせばタイトル争いにも食い込めるだけに結果を残したい。

しかし気持ちとは裏腹にマシンの調子は思わしくなくタイムが伸び悩む・・・。徐々に調子を取り戻し最終的に予選は11番手で通過する。
疑わしき箇所のパーツを交換し決勝へ。

8月18日午後12時35分、場所は三重県鈴鹿サーキット。。

スポーツランドSUGO横溝選手

ENDLESS TAISAN PORSCHE横溝選手

決勝日当日、天候は晴れ、コースはドライコンディション。気温は35度を超える猛暑になり、路面温度は47度にも達するハードな環境の中2013 SUPER GT300 第5戦は始まった。

スタートは横溝選手が担当。11位を付けまずまずのスタートを切るが3周目すぎに早くも「タイヤが厳しい」との無線が入る。
16周過ぎにはクラッチのトラブルが発生しポジションも21番手と大きく下げるレース展開となる。

2013第4戦スポーツランドSUGOENDLESS TAISAN PORSCHE

30周あたりでNo86ランボルギーニ GT3のマシンの左リアタイヤがバーストし、小規模ながら火災も発生する。
セーフティーカーが入り9周に渡りレースをコントロール。
この処置によりENDLESS TAISAN PORSCHEはトップグループから2周遅れになるも着実に8番手まで順位をあげ上位進出を探る。

この時ドライバーを守るクールスーツにトラブルが発生し、車内温度が60度にも達するというさらなる過酷なコンディションの中での戦いを余儀なくされてしまう。

ENDLESS TAISAN PORSCHEENDLESS TAISAN PORSCHE

一進一退の攻防が続くもマシンのコンディションは上がらず苦しい展開のなか、クラッチやタイヤのトラブル、さらにはクールスーツと様々なトラブルが重なるも健闘し最終的には7位と完走を果たす。

横溝選手ENDLESS TAISAN PORSCHE

トップはポールトゥーウィンのNo.61 SUBARU BRZ R&D SPORT。後半GT500クラスのマシンと接触しタイムを落とすも、予選から見せた快調な走りを維持した。

ENDLESS TAISAN PORSCHEは予選からタイムが伸び悩み多くのチームがタイヤにトラブルを抱える難しいレースの中、ドライバーはもちろんメカニックの根気とチームワークにより完走しポイントを獲得することができた。耐える場面も多かったが次回レースでの倍返しが期待される展開だった。

ENDLESS TAISAN PORSCHEENDLESS TAISAN PORSCHE

お問い合わせ

株式会社 マリオット・マーキーズ
〒130-0025 東京都墨田区千歳2-4-12

ページトップへ

トップページ お車の購入 ディーラー車 新車情報 BOSCH ディーラー 認定中古車 情報 キャンペーン 希望車種オーダー
ご納車までの流れ お支払い方法 全国納車 輸入車購入のポイント お車の売却 もっと高く売るには(委託販売)
お車のメンテナンス ボッシュカーサービス 7つの安心 ドレスアップ English マーキーズについて(会社概要)
購入相談 売却相談 修理相談 その他相談 輸入代行お問い合わせ
アクセス方法 採用情報 サイトマップ プライバシーポリシー
Original Update byAxion23 Original Update by Ben Original Update by Falcon Photography Original Update by Alexander Nie
Original Update by Kurt Bauschardt Original Update by Mr. Littlehand Original Update by photo by JΛCK VIΞW