menu
最新在庫情報はこちら

SUPER GT 2009

Rd.3 富士スピードウェイ 現地応援レポート第2弾☆

さてさて、今回も我らがGT300クラスの【Team TAISAN】ドライバー:阿部翼さんの応援に行ってまいりました!前回はD介チーフ一人での鈴鹿までの過酷な(?)いえいえ、楽しみを一人締めしていた鈴鹿ラウンドでしたが、今回はマーキーズ新人メカニックのSくん(通称:下ちゃん)を連れて、またまた車を飛ばして行ってまいりました!メカニックならではの視点からの画像が盛りだくさん!−「マーキーズだからここまで撮れた!」ピットからの貴重な画像も含めて数度に分けてお伝えしてまいります!


5月4日−。GWということもあり、午前5時半に東京を出発!やはり今年のGWは首都高も普段の倍以上の数の車が走っていました。東名のトロトロ運転にも御殿場ICの料金所の渋滞にも負けず、下道を走って走って、ついに念願の富士に到着です!!

「FUJI SPEEDWAY」−このメインゲートを目の前にしただけで、あのサウンドがリフレインしてきて早速興奮してしまいます。

ゲートをくぐって到着した近場の駐車場は、8時前にもかかわらずもういっぱいでしたので、少し離れたショートサーキットに駐車。それよりも、バックの富士山を見てください!我らが静岡県の誇り、富士山がくっきりです!(D介チーフが静岡県出身につき)

縁起をかついで、さぁいざサーキットへ!(ちなみに下ちゃんはこの時点ですでに大興奮でした。気持ちは分かるぞ!)グランドスタンドに到着です。

左が最終コーナー。右が第一コーナーです。

そしてこちらが富士名物のメインストレート!!どうです?この長さ!画像でお伝えしきれないのが悔しいくらいに長〜〜〜〜いストレートです。何度来ても、いつ来ても、長い!どこのサーキットよりも、長い!

GT500では、ここを時速300キロくらいで駆け抜けていくんですね。そして第一コーナーのフルブレーキングからの、コーナーへの進入!これがもうたまりません。

この迫力は前回のレポートでも画像とともにお伝えしましたが、何度見てもシビレる瞬間なのでやはり何度でもお伝えします(笑)。この瞬間を想像するだけで、またまた興奮の二人でした。

 

 

こちらはフリー走行前のピット前の様子。

続いてタイサンポルシェ!(ちょっと暗くてすみません)

このように、全車ピット前に出て、フリー走行前になると全車一斉スタートします!ここで響くエキゾーストサウンドがまたたまりません。初めて聞いた下ちゃんはもう大興奮!!失神寸前でした。

さて、お待ちかねのピット前&中からのレポートです!

レース前の作業風景です。コックピットの中も特別に撮らせていただきましたが、公の場でその画像をアップするとチーム戦略にも影響してきますので、窓越しからの映像です。

コックピットや車内を見たら、レースの世界が「運転する」ではなく「操縦する」という言葉で表現されるのがよく分かると思います。-どうです?助手席があると思った方もいるかもしれませんが、シートはあくまでも操縦席のみ。ちなみに白いBOXは、クールスーツ用のタンクです。このように色々な機械やコード・パイプなどが計算され尽くして配線・配置されていて、車内ではそれがほぼむき出し状態。本当に機械を操縦している、といったかんじなのです!

 

こちらは下回りの様子。

タイヤは普通複数のナットで留められていますが、レース仕様なのでセンターのみで留められています。これはどうしてかレース好きの皆様なら分かりますよね。はい、レース中のタイヤ交換をスムーズに行うためです。

 

 

 

こちらはエンジンの画像。

左がおなじみのノーマルの996エンジンです。比べて見てどうでしょうか?全くの別物ですよね。マシンを少しでも軽くするため、無駄なものは取り除き一番効率の良い取り廻しをしているのです。

こちらはドア。
何も無いのが見てうかがえると思います。マシンのボディは全てカーボンです。上のフロントブレーキの画像でも、ボディがどれだけ薄いかが伝わると思います。

右はリアウイング。
すごく大きいですが、このくらいの大きさがないとダウンフォースを稼ぐことができません。つなぎ目の穴がたくさん開いているのが分かりますか?これはウィングの角度を調整するもので、サーキットや天候などによって角度や位置を変更し、風の流れを変えてダウンフォースを変えているのです。

このように間近で1つ1つ見ていくと、レースカーのメカニックの凄さがひしひしと伝わってきます。

さてさて前提が随分長くなってしまいましたが、肝心のレース模様をお伝えいたします!

まずは、スターティンググリットの様子から。
車をスターティンググリットの位置に止めたらファンサービスで中に入っていけるんです。そこでスタート前の緊張感などを味わう事ができるのです。これはもう生で観戦しに行く醍醐味の1つですね。
その後スタート時間が近づいてくるとファンをコース上から出し、チーム関係者のみになり、スタート前にドライバーと車だけになります。

さて、ここからがフォーメーションラップの始まりです!

 

 

左がGT500の様子。右がGT300です。
この時点で私たちのテンションはもうMAXのMAXに達します!下ちゃんはもうグリッドに釘付け!
言葉になっていませんでした(笑)

−一斉にエンジンに火が入りました!セーフティーカーを先導にフォーメーションラップのスタートです!!!車を左右に振りながらタイヤを暖め、最終コーナーを立ち上がると、いよいよメインストレートへ!そしてセーフティカーがピットに入り、シグナルがレッドからブルーへと変わって。。。。全ての車が加速です!!!!

加速!

加速!加速!

加速!加速!加速!

加速!

グランドスタンドのお客はもう一斉に総立ちです!フル加速で全車輌が第一コーナーへと飛び込んでいきます!!!
練習走行とアクセルの踏みっぷりが全然違います!全開走行です!!

この模様をうまく表現することができなくてもどかしいですが、何度見ても鳥肌もの!

そして第1コーナー、第2コーナーを抜け一気に下ってきたこちらが、コカ・コーラコーナーの手前ストレートになります!

ここからまたフルブレーキング!このコカ・コーラコーナーを抜けると、高速コーナーの100Rが待っています。ここでまた上っていきます!
その昔、日本一速い男(!)星野一義選手は、この100Rを減速をせずに全開で走行していたそうです。凄いですよね。そして100Rを抜けると、少し下りながらまたフルブレーキの【ヘアピンコーナー】が待ち受けています!

ライン取りは、基本はアウト・イン・アウトですが、各ドライバーで微妙に違います。各マシンの特性を生かしいかに早いスピードで進入し、コーナーを駆け抜けていくか!これが鍵です!各コーナー集中し、何周も何周もするのです。凄い集中力です。そしてヘアピンを抜け、300Rを全開で駆け抜け最大の減速ポイント【ダンロップコーナー】へと入っていきます!

ダンロップコーナー立ち上がり!我らが、チームタイサン!!

日産GTR!右は、スタート後ヘアピンでクラッシュをしてしまい、痛々しい姿をしてまでも最後まで走り抜きました!

下の写真は、左上から
レクサスSC、アストンマーチン、ランボルギーニ ガヤルド、日産GTR、ホンダNSX、トヨタ カローラ アクシオ!

ポルシェ ボクスター!

タイサン ポルシェ!

−こんな感じで400Kmのレースは終了し、阿部翼さんがドライブするタイサンポルシェの結果は4番手でした!!!惜しい!!あと1台抜いていれば表彰台でした。やはり高速サーキットではポルシェのストレートスピードが活かされますね。9月の富士では表彰台のど真ん中にいる事でしょう!シーズンはまだまだ続きます。私たちも引き続き応援してまいります!

-どうでしたか?写真とともにレースの模様、楽しんでいただけましたでしょうか。ところで、途中から画像のレベルがグンと上がったのに気づかれましたか??−実はD介チーフの親戚のHさんからこの度画像を提供していただきました!親戚同士、同じ血が通っているだけあり(?)Hさんもまた車好きのレース好きで、レースの写真を撮影するためにカメラを購入し、レースの度に何百枚と写真を撮っているのだそうです。ちなみに今回はなんと3000枚も撮ったのだそう!!こちらではその中のごくごく一部をお届けいたしました。Hさん、ありがとうございました!

そして富士でも、阿部翼さん、ありがとうございました!!

それではまた次回の更新まで!(阿部翼さん with D介チーフ)

SUPER GT300クラス【Team TAISAN】ドライバー、阿部 翼さんからRd.3 富士スピードウェイの画像が届きました!

前回の鈴鹿で送っていただいた画像はコース上の写真をメインで皆様にご紹介いたしましたが、今回は少し角度を変えてご紹介していきたいと思います。

まずは、ピットイン瞬間の画像から!

−どうです!?このショット!
ただのプロでもなかなか撮れないですよね!

ピットロードを走っている姿を見るととてもゆっくりに見えますが、実際はまだ時速70km近く出ています。ピットは各チーム並んでますから、自分のピットの直前でハンドルを切り、定位置まで着くんです。しかも周りにはメカニックが待機していますから、ここでもハンドル操作を誤ることは許されません。

分かりますでしょうか?メカニック達が構えている姿。タイヤ交換担当、給油担当、エアジャッキを作動させる担当…一人一人が的確に任務を行わなければなりません。このピット作業でミスをすれば、すぐに数秒のロスになります。コース上でコンマ何秒と縮めていくことだけでも難しい世界ですから、ここでのロスはチームにとって大変なロスになるのです。だからメカニック達の緊張も、ドライバー同様私たちには計り知れないプレッシャーです。

何気なく見ているピットストップの様子も、実はプロのレーサー・プロのメカニックだからこそ成せる技なんですね!そしてこちらがピットから出て行く瞬間です。リアタイヤが空転しています。軽くカウンターを当ててコントロールしています。

この2枚の写真は本当に希少です!!

 

 

 

 

さぁ、次の2枚はコース上のショットです。

阿部さんが操縦席にいるのが分かると思います。

こちらは富士山をバックに、バーンと走行中!!
富士ならではの醍醐味画像です!

場面は変わり、安部翼さん着用のヘルメットのアップ画像です☆
レーシングドライバーのヘルメットは一人一人違うのは皆さんもご存知かと思いますが、翼さんのヘルメットには、後ろから見ると名前の通り綺麗な翼が左右に美しく描かれています。フォーミュラカーとは違い、GTはボディに覆われているのでなかなかドライバーのヘルメットを見る機会が少ないですが、実はこんなに綺麗でカッコイイ!んですね。

後に、レースならでは、レースクィーンとマシンのショットです。

今回も阿部さんからは本当に数多くの画像を送っていただいたのですが、吟味に吟味を重ね、以上の画像を皆さんにお届けいたしました!−もっと見たい方は・・・是非マーキーズまでご来店下さい☆直接お見せいたしますよ(^^)

追伸;阿部翼さん、今回もお忙しいスケジュールの中本当にありがとうございました!!

お問い合わせ

株式会社 マリオット・マーキーズ
〒130-0025 東京都墨田区千歳2-4-12

ページトップへ

トップページ お車の購入 ディーラー車 新車情報 BOSCH ディーラー 認定中古車 情報 キャンペーン 希望車種オーダー
ご納車までの流れ お支払い方法 全国納車 輸入車購入のポイント お車の売却 もっと高く売るには(委託販売)
お車のメンテナンス ボッシュカーサービス 7つの安心 ドレスアップ English マーキーズについて(会社概要)
購入相談 売却相談 修理相談 その他相談 輸入代行お問い合わせ
アクセス方法 採用情報 サイトマップ プライバシーポリシー
Original Update byAxion23 Original Update by Ben Original Update by Falcon Photography Original Update by Alexander Nie
Original Update by Kurt Bauschardt Original Update by Mr. Littlehand Original Update by photo by JΛCK VIΞW