最新在庫情報はこちら

【整備ブログ】フェラーリ F355 車検整備

【整備ブログ】フェラーリ F355 車検整備

HOME > BLOG > 整備

マリオットマーキーズ整備ブログ

いつもマリオットマーキーズブログをご覧いただきありがとうございます。
今回から弊社の整備部門のスタッフによるブログをこちらでも追加していきます。

メルセデスベンツ、BMW、ポルシェ、ジャガーを始め、アウディ、MINI、ベントレー、フェラーリ、マセラティ、etc…数々の輸入車の販売・買取・整備を行っております。
輸入車のことなら輸入車専門店のマリオットマーキーズにお任せください。

フェラーリ F355 整備

この度は名車フェラーリF355の車検点検整備をご紹介したいと思います。

車検の他、お客様のご依頼でオーバーヒートしてしまうとのご依頼です。

まずはクーラント漏れの確認です。

前回弊社にてウォーターポンプ、ラジエーター、ラジエーターキャップ、サーモスタットなどを交換していますので冷却水回りは問題ないはずです。
エンジンルームは問題無し、車をリフトで上げるとクーラントが垂れた跡がありました。

今回クーラントが垂れた跡がある場所はオーバーヒートの際、冷却回路の圧力が高まりラジエーターキャップから吹き出した跡でした。

他ウォーターポンプからのリターンも問題なし。どこも漏れていません。

水漏れが無いとなると次に疑う場所としてはラジエーターの電動ファンです。

水温計を見ながらオーバーヒートに注意しエンジンをかけエアコンコンプレッサーをオンにします。
通常ならラジエーターが二つ有るので左右の電動ファンが勢いよく回るはずですが片方は何故か弱々しく、片方は全く動きません。

もちろん冷風も出てこない状態です。どうも電動ファンがあやしいので各電動ファンのコネクターを外し電圧測定していきます。車輛からの電圧はしっかり出ています。

確証の為、電動ファンを取り外し、単体テストも行いましたが状況は変わらずでした。

結果電動ファンの故障でオーバーヒートしたものと断定できます。

他には下廻り点検時にステアリングラックブーツの切れがあり保安基準不適合箇所なのでラックブーツ交換も行いました。

ラックブーツは交換するにあたり、タイロッドエンドも取り外すのでハンドルの位置がずれてしまうのでトーイン調整が必要になります。
電動ファン左右、ステアリングラックブーツ交換、トーイン調整と行いました。

結果オーバーヒートも解決、ステアリングセンターもバッチリでしたので、車検も問題なく合格し、快適に乗れる車両に戻りました。

最高のコンディションで走れてこそのスーパーカーだと思います。自分の車は大丈夫かな?と思われている方は車種問わずご相談して頂ければと思います。
今回はご入庫ありがとうございました。

輸入車整備部門お問い合わせ

整備専門 03-5600-2757

フェラーリ車検整備・板金

フェラーリ整備専門サイト

板金メールお問い合わせ

板金メールフォーム

(C) 2022Marriot marquis All Rights Reserved.