最新在庫情報はこちら

Gクラス ゲレンデ G400d & AMG G63 販売 購入

Gクラス ゲレンデ G400d & AMG G63 販売 購入

HOME > BLOG > Gクラス

Gクラス ゲレンデ G400d & AMG G63 モハーベシルバーのご紹介


photo by https://unsplash.com/

マリオットマーキーズブログをご覧いただきありがとうございます。
日頃より輸入車の買取、整備についても数多くのご利用いただきありがとうございます。

本日、ご紹介したいのは言わずもがなの超人気車ゲレンデことメルセデスベンツGクラスです。

Gクラス ゲレンデ 納期

コロナ禍に加え物価高、半導体不足と日々のニュースでご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、2022年7月現在メルセデスベンツを含む各メーカーは減産を余儀なくされ新車の納期が長期化しています。
新車の供給が少なく、その需要をカバーすべく人気の中古車の価格が下がりにくい状態が続いています。

全く新車が納入されていないわけではないので、少しづつ改善するかもしれませんが、世界情勢から今後とも供給が絞られ遅延する見込みではあります。

Gクラス ゲレンデ 購入

そんな中ではありますが、輸入車・Gクラス専門店として良質な車両を厳選し、ようやく新型Gクラスを小量入庫いたしました。
税制でも有利な中古車でありながら、もちろんディーラー保証付き車、走行距離も短くきれいなGクラスです。

メルセデスベンツ G-class G400d

2021年5月公式サイトでも追加されたミドルグレードの車種がG400dです。(※現在は掲載されていません)
G350dと同じOM656ディーゼルエンジンを搭載し出力をやや向上させています。

サイズは
全長4660mm
全幅1930mm(AMGラインオプション装着の場合は1985mm)
全高1975mm

とG350d、G550と同じです。
日本ではG350dは右ハンドルのみで、G400dは左右ハンドルと差別化がされています。

在庫するG400dはスタイリッシュなポーラーホワイトに内装はブラックレザー。
「当然」ラグジュアリーパッケージ、乗り心地を向上させるアダプティブダンピングシステム搭載車。さらにAMGラインのオプション搭載車です。

G400dは供給が少なく市場でも高い人気のあるグレードです。
東京の路上では毎日目にするGクラスですがG400dはなかなか見ない車両です。

丸みを帯びたW463a(※業界ではランニングモデルチェンジのW463モデルを比較する為aを付けています)も登場から数年経ちますが、まだまだ新しさを感じます。
登場時はオフロード感が薄れる等の意見もありましたが、伝統を受け継ぎながらも洗練されたデザインは秀逸です。
見た目だけでなくタウンユースに合わせ、運転しやすさなど使い心地も向上しています。

特別感のあるオプション シートベルト

Gクラスはリセールバリューが高い車としても評判ですが、色あせないデザイン、熟成されたシステム、風格、スタイルから人気も抜群です。
4ドアオフロード車で実用性もあり、弊社でも法人のお客様も多くご利用いただいています。

【在庫車両詳細はこちら】

Mercedes AMG G63 モハーベシルバー

人気のGクラスのさらに上に位置するグレードがAMG G63です。
往年の自動車ファンの方ならアーマーゲーと呼ばれる方もいらっしゃいますが、最近では公式読みのエーエムジーが定着してきた感があります。

AMGの特徴はまずはエンジンになりますが、総合力のブランド メルセデスベンツは内装、デザイン、エクゾーストサウンドまで通常グレードと一線を画しています。

在庫の車両は珍しいカラー「モハーベシルバー」
モハーベとはアメリカ西部のMojave砂漠を指していると思われます。
Macの壁紙でもあるモハベですが、黄色みが掛かったカーキ色の印象です。

写真でも難しいのですが、普通のイリジウムシルバーよりマットな質感のあるカラーリングです。
ぜひ、店頭にて確認していただきたいお色です。

さらに足元は鍛造22インチアルミホイールのペイント仕様
ボディカラーと合わせて個性を出しています。

内装カラーはトリュフブラウンとブラックのツートーン仕様
高級感の中に人気のオフロード感も出しています。

右ハンドル

在庫車両詳細はこちら

コロナが終息したわけではありませんが、キャンプやアウトドアが人気を集める昨今。
毎年のように水害や猛暑に地震と防災も心配な日本。

高級車ではありますが、元々軍用車両のGクラスはなんと半分水につかっても走ることができる車なのです!
4輪駆動のデフロックシステムなど荒れた道も走行できるように作られています。

もちろん、現在のGクラスは街中を走るのが一番多く荒れ道は走りたくないものですが、形状から背が高く物を詰め込むことができ極地でも利用できる車でもあります。

今後さらに物価高から価格が高騰するのでは・・・?とも言われる車業界。
他にもSUVモデルを在庫中です。
暑い日が続きますが、ぜひ店頭にて一期一会のGクラスをご体感ください。

(C) 2022Marriot marquis All Rights Reserved.