最新在庫情報はこちら

Gクラス 2020 新型ゲレンデヴァーゲンについて

Gクラス 2020 新型ゲレンデヴァーゲンについて

HOME > BLOG > Gクラス

2020 Gクラス

G63

2019~2019年ランニングモデルチェンジを果たし、2020年ようやくG350d、G550、G63と3つのグレードが出揃ったゲレンデヴァーゲン。
フルモデルチェンジではなく、コードもW463のままとは言えエクステリア、内装・・・大きく変わっています。

Gクラスは引き続き高い人気を誇っており、弊社にもGクラスのお問い合わせを多くいただいているのですがG350dに関しては4月現在は納期が見えない状態です。
タイミングよければ入ってくる・・・という現状です。

ご購入・お乗り換えをご検討のお客様、最新の在庫確認は、お電話にてお問い合わせください。

販売TEL:03-5600-2710

2020年のGクラスは?

ようやくグレードが出揃ったばかりですので、次期モデルや限定車の予定は今のところないのですが、エンジンの出力を上げたG400dという中間グレードも企画されているという情報があります。

まだ2020年3月現在、詳しい公式発表はなく、まだまだG350dの納期遅れが解消されていませんので、もし出るとしてもまだまだ先だと思われます。

AMG G63 限定車「STRONGER THAN TIME Edition」

引用:メルセデスベンツ公式サイト

2020年 3月24日、マットなブラックと専用アルミホイールが印象的な「ストロンガー ザン タイム エディション」が発表になりました。
サイドミラーやサイドストリップはシルバーに塗装されツートンカラーになっています。

マグノナイトブラックのほかにダイヤモンドホワイトのボディカラーが用意され、こちらもツートンカラーになっていてアクセントを加えています。

昨今のコロナウイルスの影響もあり、納期遅れなども出ていますがインパクトも大でGクラスはカスタムもマッチしていますね。

上記は純正カスタムにはなりますが、自由に楽しむのもGクラスの魅力です。
G63・ゲレンデのカスタムも引き続き追っていきたいと思います。

限定車仕様やカスタム相談等可能ですので、お気軽にご相談下さい。

その前にGLSがモデルチェンジ

Gクラスではありませんが、2019年メルセデスベンツの大型SUV GLSのモデルチェンジが発表になりました。

GLS63 4MATIC+

より丸みを帯びた形状と、AMGグレードで用意されているパナメリカーナグリルが新鮮な印象です。
GLSといえばアメリカ生産でAMGグレードは左ハンドルのみでしたが、右仕様はあるのか気になるところです。

2020年秋にはマイバッハのSUV GLS 600 4MATICもデリバリーされる予定とのこと。
予定はずれ込むことが多い高級車ですが、今後もGクラス、およびGLSの情報を追っていきたいと思います!!

Gクラスならマーキーズへ

AMG G63 購入はマーキーズへ 在庫情報はこちら

Gクラス買取もぜひマーキーズへ

https://benz-navi.jp/benz_g_class/

独特のスタイル、先進の機能、メルセデスベンツのステータス性・・・人気も高くリセールバリューも高いゲレンデヴァーゲンの買取査定おまかせください。

フリーダイヤル0120-00-8644

車検証と走行距離をお手元に控えて、お気軽にお問い合わせください!


(C) 2020Marriot marquis All Rights Reserved.