title
最新在庫情報はこちら
menu

アストンマーティン概要 ラインナップ

アストンマーティン

映画007でボンドカーとしても有名な、英国を代表するスポーツカーメーカーがアストンマーチンです。(公式表記はアストンマーティン)
1913年英国、ロンドンの工房にてライオネル・マーティンとロバート・バムフォードにより創業されました。

アストン・クリントンで行われたヒルクライムレースに出走するにあたり、創業者の名前とこの地名を合わせ「アストン・マーティン」と名づけられました。
元々レースのために作られたアストンマーチンは、ヒルクライムで輝かしい勝利を収め、その後もフレンチグランプリやルマン24時間耐久レースなどの大きなレースで実績を残しました。

1923年には市販を開始するもその後の経営は順風満帆とは行かず、第二次世界大戦を経て1947年イギリスの実業家デイヴィッド・ブラウンの資本傘下に入ります。
現在でも続く車のコードネーム「DB」はデイヴィッド・ブラウンの頭文字から取られています。

アストンマーチンは現在、英国らしいクラフトマンシップを受け継ぐ美しいデザインの高級アスリートカーとして経営資本は変わりつつもブランドを維持しています。現在はイタリアの投資会社の傘下にあり、過去に製造された車両のパーツを生産できるレストア事業も始まりました。

エンジンは最新の設備のあるドイツでの生産にはなりましたが、デザインや車両生産は現在も英国で行われています。

アストンマーティン DB11

ブランドを代表する車種で、歴代でDBのイニシャルが付けられています。2016年、DB9の後継として登場しました。
5.2L V12ツインターボエンジンを搭載し、ハイスペックな性能、美しいプロポーション、ドイツ車やイタリア車とは一味違う高級感のある内装が特徴です。

アストンマーティン V8ヴァンテージ

2018年モデルチェンジし、デザインも新しいDB11に似たフェイスになりました。
4.0リッター・ツインターボチャージャーV8エンジンを搭載しDB11の下位グレードに位置するモデルではありますが、時速0-100kmへの加速は3.6秒、最高時速314kmと有り余る性能を持っています。

アストンマーティン DBS

最上位モデルヴァンキッシュの後継モデルとして2007年登場し2012年まで生産されました。映画007でも度々登場し、スタイリッシュなデザインながら特殊装備を装備し楽しませてくれました。

V型12気筒エンジンを搭載し、DBSのボディにはマグネシウム合金やカーボン繊維が使用され軽量化が図られています。

アストンマーティン ラピード

DBシリーズと共通し、V型12気筒エンジンを搭載した4ドアクーペがラピードです。デザインは4ドアには見えないほど洗練されたクーペの形状をしています。14度上部に開くスワンウイングドアが採用された美しいスポーツセダンです。ボディタイプは形式的にはポルシェパナメーラと同様に5ドアハッチバックになります。

アストンマーティン ヴァンキッシュ

DBSの前に販売されていたV12エンジンモデルのアストンマーティンがヴァンキッシュです。2016年には再びラインナップの変更がありDBSに変わり再度ラインナップに加わります。
エンジンはドイツ生産になるという発表があり、新型ヴァンキッシュも新エンジンが搭載されています。

トップページ お車の購入 ディーラー車 新車情報 BOSCH ディーラー 認定中古車 情報 キャンペーン 希望車種オーダー
ご納車までの流れ お支払い方法 全国納車 輸入車購入のポイント お車の売却 もっと高く売るには(委託販売)
お車のメンテナンス ボッシュカーサービス 7つの安心 ドレスアップ English マーキーズについて(会社概要)
購入相談 売却相談 修理相談 その他相談 輸入代行お問い合わせ
アクセス方法 採用情報 プライバシーポリシー